NPOまちづくり山形

1.設立趣旨

 近年、地域の景観や生活環境問題に対する住民の関心は大きくなっており、
 住民と行政との「協働のまちづくり」という言葉も、盛んに耳にするようになりました。

 しかしながら、実際には必ずしも住民の意見と行政の考え方が連動して
 まちづくりに結びつくケースは多くないのが実情です。

 私たちは地域に生活する人たちが暮らしやすく、
 自分達のまちに愛情と誇りを感じることのできるまちにすることが必要と考えます。

 「NPO法人 まちづくり山形」は、住民、企業、行政などが参画・協働し、
 山形の歴史と自然環境を活かした良いまちづくりを推進し、
 それぞれの責任を果たす市民社会の実現に寄与することを目的としています。

 そのための橋渡し役、相談相手としての役割を積極的に果たしていくため
 法人格を取得し、以下の活動方針に基づき活動を展開していきます。



2.活動の基本方針

   @住民主体のまちづくり
    地域に暮らす住民がまちづくりの主体だという積極的な意識に立ち、
    責任ある立場で活動し、行政とのパートナーシップの確立を図ります。

   A総合的なまちづくり(ハードとソフト)
    建設事業などのハードだけでなく、まちを使い・育てていくシステムなどのソフトも検討して、
    暮らしやすく誇りの持てる総合的な「まちづくり」をめざします。

   B個性あるまちづくり
    山形の歴史や風土、人の営みを尊重し、
    住民の生活に根ざした経験や知恵を活かした個性あるまちづくりを推進します。

   C質の高いまちづくり
    建物や施設の量的整備にとどまらず、
    美しさ、楽しさ、潤い、安らぎ、風格などの質的価値を高め、
    住民が地域に愛情と誇りを持てるまちづくりをめざします。

   D実践のまちづくり
    理念や構想だけに終わらせず、たとえ小さなことであっても実践し、
    行動するまちづくりを行います。


3.特長

   @行政と住民や企業などとの架け橋の役割を担います。
    協働のまちづくりの実現を目指し、コーディネーター、
    合意形成の推進役として経験豊富なスタッフをそろえています。

   A多様なまちづくりの専門家がメンバーです。
    学識経験者、行政経験者、民間コンサルタント、シンクタンクなど
    多様なまちづくりの専門家が協力・連携して、まちづくりのお手伝いをします。

   B企業の営利ベースにとらわれない活動が可能です。
    特定非営利活動法人ですから、まちづくりの初動期における
    勉強会や合意形成の推進だけでなく、アフターケアなど、
    民間企業の営利ベースに乗り難い活動を中立的な立場で行うことができます。

   Cコンサル業務などもきめ細かな対応をします。
    建設コンサルタント業務や建築・土木設計業務などについても対応できます。




NPOまちづくり山形 定款




平成19年度 平成20年度
平成21年度 平成22年度
平成23年度 平成24年度
平成25年度 平成28年度



[通常総会]
平成20年度 平成21年度
平成22年度 平成23年度
平成24年度 平成25年度
平成26年度 平成27年度
平成28年度 平成29年度
平成30年度 通常総会














 
特定非営利活動法人
まちづくり山形
NPO Better for Yamagata

〒990-0042
 山形市七日町3-5-37-601

TEL:023-679-3301
FAX:023-679-3302
matidukuri-yamagata@nifty.com

Copyright(C) 2007-2017
NPO Better for Yamagata
All Right Reserved.