NPOまちづくり山形 事業紹介


私たちは、まちづくり全般から環境、景観、安全・安心、
経済活動の活性化、職業能力の開発や雇用機会の拡充などまで、
生活にかかわることについて活動していきます



<事業協力:栄町大通り街づくり委員会の活動支援>

平成25年度 栄町大通り街づくり委員会の活動支援

5月13日、19:00からAZ七日町大会議室にて
栄町大通り街づくり委員会の平成25年度総会を山形市長参加の下、開催されました。

24年度をスクリーンに映し出して活動を振り返りながら、25年度の活動計画を決めました。

25年度は、街のイメージの刷新、参加デザインの再構築、通りのデザインの構築を目標に活動することとなりました。
具体的には、残地を含めた事業用地の暫定活用の一つとしての花植え活動と
通りの舗装や植栽、照明などのデザイン検討が主な活動です。

悩み事相談及びその対応などを行う街サポ協議会の活動や
通りにふさわしい建物誘導としての街並み審査活動、芸工大との連携などは続けていきます。
平成25年度の事業計画は以下の通りです。

 
<事業計画>

 □街づくり協定の執行
  街づくり協定と街並み審査会指針に基づいて審査を行っていきます。

 □街路空間景観検討会
  参加しやすい形で、中央分離帯を含め景観に配慮した公共空間づくりと
  公共空間利用・維持管理協定などの検討を進め、関係機関と協議調整を図っていきます。

 □栄町大通り街づくりトータルサポート協議会(街サポ協議会)
  引き続き生活再建に向けた様々な困り事や悩みごとなどの相談の対応をします。
  事業用地を含めた残地の暫定活用のデザインと実践活動と同時に、
  残地活用の企画と事業者募集・事業計画・土地利用調整などを展開し、具体化していきます。
  なお、暫定活用の実践活動は、街のイメージの刷新や参加デザインの一つとして、
  コミュニティや商業活動の維持・活性化とまちづくり体制の強化、
  整備後の空間活用をにらんで実施するものであり、多くの方々を巻き込んでイベントとして展開します。

 □東北芸術工科大学との連携の継続
  暫定活用の実践活動などの事業参画・イベント参画などを予定します。

 □街並みづくりの記録
  街並みが変わっていく様子を記録します。


 街づくり活動の継続や街の維持管理・育成などを考慮し、
 収益循環型のまちづくりの展開も視野に入れてこれからの街づくり活動を考えることが大事となってきています。
 社会実験などをしながら、模索していくことが考えられます。
 平成25年度は、そのスタートをきる元年にしたいと思います。事業用地を含めた残地の暫定活用がその一つです。
 参考に、総会資料を掲載します。
 
 平成25年 5月13日 栄町大通り街づくり委員会 平成25年度 総会資料 (PDFファイル)

[HOME]


[NPOの概要]
 NPOまちづくり山形 定款     

[まちづくりNPO]


[事業紹介]
 平成19(2007)年度
 平成20(2008)年度
 平成21(2009)年度
 平成22(2010)年度
 平成23(2011)年度
 平成24(2012)年度
 平成25(2013)年度
 平成28(2016)年度

[自主活動・自主研究]
 通常総会
 平成20年度
 平成21年度
 平成22年度
 平成23年度
 平成24年度
 平成25年度
 平成26年度
 平成27年度
 平成28年度
 平成29年度
 平成30年度


[スタッフ紹介]

[一感一言]
平成31年3月31日閉鎖予定

[質問・意見コーナー]

[参加者募集]

[リンク]
 他主催 イベント紹介
 他主催 事業紹介

 
特定非営利活動法人
まちづくり山形
NPO Better for Yamagata

〒990-0042
 山形市七日町3-5-37-601

TEL:023-679-3301
FAX:023-679-3302
matidukuri-yamagata@nifty.com

Copyright(C) 2007-2019
NPO Better for Yamagata
All Right Reserved.