NPOまちづくり山形 事業紹介


私たちは、まちづくり全般から環境、景観、安全・安心、
経済活動の活性化、職業能力の開発や雇用機会の拡充などまで、
生活にかかわることについて活動していきます



<事業協力:NPO法人グラウンドワーク寒河江>

復興に向けた新しい公共の場づくり協議会

NPO法人グラウンドワーク寒河江を中心として実施する事業です。

復興に向けた新しい公共の場づくり協議会気仙沼事務所の支援事業に参加します。

H23年度から引き続き、新しい公共の場づくりのためのモデル事業を行っています。
H23年度と同様、気仙沼市津谷大沢区の復興支援を行います。

事業の柱の一つに、コミュニティの再生などのための交流イベントがあります。
6月23日〜24日に実施した交流イベントの報告をいたします。
2012年 6月23日
〜24日
   交流イベント『寒河江一泊交流会』報告書(PDFファイル)
     
     
   
気仙沼津谷大沢区の2年目の取り組み、情報提供します。
 2年目の活動を自己評価すると、以下のようになります。

 本吉地域震災復興計画との連携・調整や復興計画の実践活動などを通して、検証・評価
しながら見つめ直すことで、事業効果の継続がなされる可能性が生まれましたが、地域・
活動団体との連携は不十分でした。
 それぞれがそれぞれの地域でがんばって支援しており、支援団体の連携は難しく、積極
的に取り組むことはできませんでした。
 私たちは他の団体の参加を受け入れ、中身のある連携を目指しましたが、参加団体は少
ない結果となりましが、引き継いで支援していただく団体が明らかになるなど、新しい公
共の場の確立のきっかけになってのではないかと考えます。
 また、新しい公共は連携の中でしか達成できないということでなく、地域住民の意識の
中に自分たちのまちは自分たちで復興させると強く意識することも大事であり、自分たち
で支援策に応募し採用される新しい動きも出てきており、そこに連携する形もあることか
ら、地域主体の新しい公共の場づくりの芽は出てきているのではないかと考えます。
 全体を通して、地域住民と一緒になって活動を行うことができ、地域住民がその成果を
次につなげていく意識が育ったことが成果と考えます。
 地域活動の協働化だけでなく、食や産業などを含めて連携活動ができ、地域資源を活用
した地場商品を開発できたことも成果と考えます。
 また、復興会議の解散が予定されており、支援の形も次の段階に入ったと言え、自律的
復興まちづくりに向かっていることが、2年間の活動の大きな成果と考えます。
 これからは、より継続の担保性を高めるために、地域住民がより主体となるとともに気
仙沼市との協働化の推進が必要と考えます。
 また、新しい公共の場づくりの一つとして、地域主体で他団体などと連携やネットワー
ク化を図り、お互いに補完しながら全体で支援できる仕組みを創りだし実践していくこと
も必要と考えます。
 このようなことを踏まえ、私たちは地域住民の気持ちに触れ合いながら支援をしていき
たいと考えます。

 以下に、2年目の活動をまとめた報告書を示します。
   
    平成24年度 津谷大沢区 報告書(PDFファイル 7.4M)

[HOME]


[NPOの概要]
 NPOまちづくり山形 定款     

[まちづくりNPO]


[事業紹介]
 平成19(2007)年度
 平成20(2008)年度
 平成21(2009)年度
 平成22(2010)年度
 平成23(2011)年度
 平成24(2012)年度
 平成25(2013)年度
 平成28(2016)年度

[自主活動・自主研究]
 通常総会
 平成20年度
 平成21年度
 平成22年度
 平成23年度
 平成24年度
 平成25年度
 平成26年度
 平成27年度
 平成28年度
 平成29年度
 平成30年度


[スタッフ紹介]

[一感一言]
平成31年3月31日閉鎖予定

[質問・意見コーナー]

[参加者募集]

[リンク]
 他主催 イベント紹介
 他主催 事業紹介

 
特定非営利活動法人
まちづくり山形
NPO Better for Yamagata

〒990-0042
 山形市七日町3-5-37-601

TEL:023-679-3301
FAX:023-679-3302
matidukuri-yamagata@nifty.com

Copyright(C) 2007-2019
NPO Better for Yamagata
All Right Reserved.