NPOまちづくり山形
事業紹介



私たちは、まちづくり全般から環境、景観、安全・安心、
経済活動の活性化、職業能力の開発や雇用機会の拡充などまで、
生活にかかわることについて活動していきます



街なか連携の創出を図る交流の場づくり


・平成21年度山形県NPO活動促進補助事業
 都市福利サービスの集積・連携による中心市街地活性化誘導事業

  街なかには多様化・複雑化し、同時に不安定化・不明瞭化した様々な社会的・地域的な課題があり、
  きめ細かな対応が求められる。
  また、街なかの活性化は経済的な面だけでなく、安全・安心といったことや心がつながってくることが必要である。

  私たちは、過ごす時間を提供するという視点の他、意識の共有化や学び・育つことに重点を置いて、
  勉強会や地域の人たちが集まり、お互いそれぞれの問題を話し合ったり、一緒になって解決策を見つけるなど、
  地域づくりに役立つだけでなく、まちづくりの担い手を育てる場づくりを行い、
  交流の場としてきめ細かな対応をするだけでなく、活動を通してまちづくりの活動拠点になることや、
  協働のあり方についてのモデルの創出を目指す。

  これまでの成果を踏まえ、平成21年度、ハード、ソフトに分かれて検討を進め、
  まちなか居住のあり方や方策などについてまとめあげ、地域や民間、行政などに提言書として情報提供する。

○ 都市福利サービスの実態調査及び活動団体ヒアリング
   街なかにあるサービス施設の実態と活動している団体などへのヒアリングを通して問題点・課題を明らかにする。
○ 交流の場の決定
   市民活動の市場調査などから、活動する場所(物件)を比較検討し、
   借家条件などと調整を図りながら交流する場を決定する。
○ 市民ニーズなどの把握から活動計画の立案
   街なかの現状や街なかサービス施設の分析、ヒアリング結果などから、
   市民ニーズとそれに対するサービス状況などを読み取り、
   それらを踏まえながら進めるべきサービスを盛り込んだ交流するための活動計画を立案する。
○ 活動を継続するための課題・システムを盛り込んだ運営計画の立案
   活動を継続していくための課題を明らかにし、
   課題と課題から導き出されるシステム及び活動計画や経営計画などを踏まえ、
   交流の場の運営計画を立案する。
○ 勉強会の開催
   ここからまちづくりを発信するための勉強会を開催する。
○ 相談窓口の開設
   様々な問題に対応できるようになることを目指し、市民に対する相談窓口を開設する。
   相談は分野別にできるようにする。
○ 情報提供
   多くの市民に知ってもらうために、様々な媒体による情報提供を行う。 地域のWSの開催も考える。



詳細はこちら→応募書類(PDFファイル)


今後の事業予定

2009年 5月 実態調査及びヒアリング実施対象団体の選定
 
6〜7月 ヒアリングの実施、調査結果の分析
 
8〜9月 交流の場の検討・決定
 
10月 活動計画の立案

11月 運営計画の立案

12月 勉強会の準備・情報提供
 
2010年 1月 勉強会の実施・相談窓口の開設
 
2月 検証・評価

3月 次年度計画の立案


[HOME]


[NPOの概要]
 NPOまちづくり山形 定款     

[まちづくりNPO]


[事業紹介]
 平成19(2007)年度
 平成20(2008)年度
 平成21(2009)年度
 平成22(2010)年度
 平成23(2011)年度
 平成24(2012)年度
 平成25(2013)年度
 平成28(2016)年度

[自主活動・自主研究]
 通常総会
 平成20年度
 平成21年度
 平成22年度
 平成23年度
 平成24年度
 平成25年度
 平成26年度
 平成27年度
 平成28年度
 平成29年度
 平成30年度


[スタッフ紹介]

[一感一言]
平成31年3月31日閉鎖予定

[質問・意見コーナー]

[参加者募集]

[リンク]
 他主催 イベント紹介
 他主催 事業紹介

 
特定非営利活動法人
まちづくり山形
NPO Better for Yamagata

〒990-0042
 山形市七日町3-5-37-601

TEL:023-679-3301
FAX:023-679-3302
matidukuri-yamagata@nifty.com

Copyright(C) 2007-2019
NPO Better for Yamagata
All Right Reserved.